iPadでできる動画編集アプリ

0
70

スマホやPCのほかにタブレットと言われるipadを使っている人の数も今や増え、スマホよりも画面が大きくPCと違って使用場所を選びません。
そこで今回はipadでの動画編集を考えている人にipadで使える動画編集アプリをご紹介します。

iPadで使うことができる動画編集アプリ

iMovie

iMovieはApple社からリリースされているので、iPadだけではなく、iPhoneやiMacなどとも互換性があり、iPadには標準搭載されています。
動画を高解像度で手軽に作ることができます。
機能もわかりやすくて音楽素材も豊富に揃っているので、動画制作初心者向きです。
もしiMacやMacbookなどPCを持っていたら、大まかな編集をiPadのiMovieで済ませてしあげをPCのiMovieで行うといったとこも可能です。

Adobepremiererush

iPad向けの有名な動画編集ソフトはAdobepremiererushです。
Windowsとの互換性が高いですが、iPadでも問題なく使用できます。
Premiererushも動画編集初心者向けで操作性が高く、テンプレートやフォントも豊富に揃っています。
書き出しを3回以上行うには月額980円の契約が必要ですが、iMovieではできないテロップの太さ・サイズ・フォント・背景色・
位置の指定が可能だったりと自由度が高いです。

LumaFusion

3600円と小名団はやや張りますが、PC編集と全く遜色ないレベルの動画編集ができます。
4Kのクリップを取り込んでもフリーズすることもなく、動画の書き出しの処理も速く、
機能も他のアプリとは比べ物にならないくらい充実しているので、アマチュアからプロまで使えるアプリです。

KineMaster

これは動画の明度を調節できたり、月額600円の課金をすれば1500以上の追加機能を使うことができたりなど、
他の動画編集アプリでは見られない機能が備わってきます。

Inshot

これの最大の特徴は、他の動画編集アプリではあまりない、画面を縦にしたままの動画編集ができるところです。
大画面で縦型動画の編集を行えるのでインスタグラムのストーリーばぢSNSに掲載する動画を編集するのにも向いています。
また、エフェクトも可愛いものがおおいので、InstagramやTikTokなどに向いているポップな動画を作り上げることがで気ます。

今回はiPadで使える動画編集アプリを紹介しました。
iPadで編集したいと考えている人はこれを参考に動画編集をしてみてください。

アスライトではネイティブ監修の英語字幕翻訳をはじめ
アルゴリズムなどのSEO対策やデータ分析、さらにはタイトル、サムネイルや
概要欄の書き方のアドバイスまであなたのYouTubeをトータルサポートいたします。
お申込みやお問合せは下記申込フォームからお気軽にどうぞ!
ご質問だけでもお気軽にお問合せください。