化粧品のブランディング動画を制作する際に意識する5つのポイント

0
371

化粧品のブランディング動画はあまりにも多すぎるため、化粧品開発をされている企業のみなさまは、
どのように制作すれば自社のブランドの価値をうまく伝えられるかなど今回は、
化粧品のブランディング動画を制作する時に意識すべきポイントをご紹介します。

動画は映像やBGM・効果音を使用できるため、視聴者に与える印象が強く、演出次第でかなり効果の高いブランディングができます。

意識するべきことは以下の5つです。

ブランドのコンセプトを伝える

ブランディング動画に何よりも大切なのはコンセプトを伝えることです。
ブランディングは、認知度を上げるのがメインの目的ではありません。
すでにそのブランディングについている、興味がある潜在顧客たちにブランドの価値を伝え、
彼らとブランドのつながりを強固するためにあります。
宣伝するよりも、ナレーションやテロップを使ってブランドコンセプトを伝えることを第一に考えましょう。

ブランディングの商品群の特徴を伝える

コスメブランドのブランディング動画では、コンセプトを伝えるだけではなくシリーズ物の商品やリリースしている商品の具体例をだして、
その特徴を伝えましょう。

動画なら実際に使用している様子を見せることができるため、商品群の特徴がより明確に伝わり、
顧客をさらに惹きつけることもでき、新たな顧客を生むことも可能です。

写真や実写映像をふんだんに入れる

化粧品のブランディング動画は、アニメーションベースで制作する場合でも、写真を沢山使うようにしましょう。
消費者が化粧品に期待することは、その化粧品を使用することで自分がどれだけ美しくなれるのかという事です。

この点を伝えるには、実際の使用している写真や映像を出してbeforeからAfterを見せるのが一番効果的です。

ターゲットを明確にして動画の雰囲気をあわせる

男性か女性か、また年代によって、さらに肌質や髪質などによっても人々が買い求める化粧品はそれぞれ異なります。
化粧品のブランディング動画を制作する上で大切なのは、ブランディングしたい化粧品のターゲットが誰なのかを明確にすることです。

明確にしたら次は、動画の色やトーン、テロップのフォントや出し方、
キャストに誰を起用するかなど動画全体の雰囲気を設定したターゲットに合わせて選びましょう。

そのブランドの有用性を示すデータを入れる

消費者は化粧品を購入するかどうかを決める際に効果の程度を知りたがります。
効果の指標となるのがデータです。
社のコスメブランドではこんな成分が使われている、肌質改善率〇〇%など、実際に数値や成分名称を出すと消費者は安心して購入できます。

動画は、データを見せるのにとても向いているメディアです。
強調したい数値やグラフをアニメーションを使って印象的に表示することができるので、消費者にも実際の効果が明確に伝わります。

今回は、化粧品のブランディング動画を制作する際に意識する5つのポイントを紹介しました。
これを参考に化粧品のブランディング動画を制作する際は意識して制作してみてください。

アスライトではネイティブ監修の英語字幕翻訳をはじめ
アルゴリズムなどのSEO対策やデータ分析、さらにはタイトル、サムネイルや
概要欄の書き方のアドバイスまであなたのYouTubeをトータルサポートいたします。
お申込みやお問合せは下記申込フォームからお気軽にどうぞ!
ご質問だけでもお気軽にお問合せください。

Follow me!

 

受給可能か無料診断してみる!

  1. 補助金・助成金の受給可能な金額を知ることができます。(年間1社平均300万円受給しています。)アスライトでは約1000万円受給しています。
  2. 返済不要の資金調達が可能です。(全てが雑収入になり、利益になる)
  3. 専門家に任せることで、自社の仕事に集中でき、申請から受給までトータルサポートします。(ほぼ丸投げが可能)
診断してみる!   公式ページ