動画広告を出すことができる媒体は何なのか

0
54

近年は動画広告がWebやSNSが主流へとなってきています。
そこで今回は動画広告を出すことができる媒体と媒体ごとの特徴についてご紹介します。
これを参考に今後の動画広告出稿の参考にしてみてください。

動画広告の効果

静止画の広告ではなく動画での広告にすることでどういった効果が得られるのか、動画ならではのメリットが沢山あります。

商品・サービスの認知度向上

動画はテキストや1枚の画像よりも圧倒的な情報を盛り込むことができます。
それも短い時間で印象的に表現することが可能です。

ブランディングができる

ブランディングとは、別の商品と差別化するために必要手法です。
商品やサービスのロゴやデザイン、キャッチフレーズや他社との明確な違いなど、様々な要素で形作り、ブランド力を上げるということ。

購買行動につながる

1枚のポスターでは想像しづらいですが、動画であれば実際に利用してみたシーンなどがとても分かりやすいです。
視聴した瞬間から購買行動ににつながるケースも少なくはありません。

各媒体の特徴

TikTok

2016年にリリースされた、ショートムービーをメインとしたプラットフォームです。
10代ユーザーが多い傾向だが、徐々に年齢幅が広がりつつある。
リリースされた当初のユーザー層は圧倒的に10代が多く、投稿内容は自身の承認欲求を満たすものでした。
しかし近年はYouTuberの参入により幅広い年齢層が流入してきており、加えてテレビ業界の衰退も後押しして芸能人も目立ってきています。
ダンスやでルフィーが中心だったリリース当初と比べるとHowto動画などの実用的な投稿も多く、広告動画も広がりを見せています。

LINE

国内ユーザーは他のSNSに比べ、頭一つ飛びぬけた8.300万人という驚異的な数です。

配信先が多様

LINE漫画やLINEブログなど様々なアプリを展開しており、動画広告を展開する上で配信先がいくつもあるということになります。
自社が売りたい商品やサービスやマッチしたユーザーがいるアプリを狙って、リーチをかけることができるのが特徴と言えます。

全年齢層が使っている

SNSはどうしても流行や機能が複雑な部分からユーザーが若年層によりがちですが、LINEは40代~高齢層までが利用しているアプリです。

サイネージ

サイネージとは、従来のポスターを電子化したもののことを言います。
モニターに映し出された動画広告といったもので、実店舗の店頭に置いていたりします。

圧倒的なコストパフォーマンス

サイネージは制作した後はデータを送り出力すれば完成なので、とても効率的でスピーディーです。
また、修正があってもすぐに直せるのもメリットです。

いかがでしたでしょうか
これらを踏まえて自社の商品やサービスを広告する上で最もいい、自社に合う媒体を見つけてみて下さい。

アスライトではネイティブ監修の英語字幕翻訳をはじめ
アルゴリズムなどのSEO対策やデータ分析、さらにはタイトル、サムネイルや
概要欄の書き方のアドバイスまであなたのYouTubeをトータルサポートいたします。
お申込みやお問合せは下記申込フォームからお気軽にどうぞ!
ご質問だけでもお気軽にお問合せください。