動画・映像制作会社の選び方

0
146
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

動画・映像制作会社に依頼をしたいけど、どんな会社を選べばいいのかわからないという方に今回は後悔しない会社の選び方をご紹介します。

動画専門制作会社としての実績

始めは、動画専門の制作会社としての実績を見ます。
公式サイトなどに載っている実績のページから制作事例を確認しましょう。

作りたいイメージが明確な場合、それを実現できる会社かどうか

自分が作りたい動画や映像のイメージが明確な場合は、その制作会社が自分の作りたい映像を実現できる会社かどうかを見極めましょう。
その会社の持っている技術などは、その制作会社の過去の制作事例を見れば、どんな映像を作ってきたのかを見ることができるのでそれを見てみて、自分が求める動画内容や、クオリティなどが実現できるかどうかを判断しましょう。

価格が明確であるか、妥当な価格か

動画制作の価格がわかりにくかったり、追加料金などがかさんで当初の予算よりも大幅に価格が高くなってしまったりする場合も多いため、
きちんと明確な価格を提示できる会社であるかどうかがすごく重要なポイントになります。

担当者からの回答が早いか、スムーズなやり取りができるか

1つの動画を制作するのに、企画、撮影、編集、納品などという工程が沢山あります。
そのため、しっかりとコミュニケーションをとり、各工程においてミスが起きないようにしなければなりません。

また、動画制作について何か質問をしたい際に、その質問事項をスムーズにしっかりと答えてくれて、
動画制作のプロとしてしっかりとリードしてくれる会社であることが重要です。

制作会社の制作体制はしっかりしているか

見るべき視点としては、自社にスタジオを持っているか機材が揃っているかアニメーションの技術を保有しているか
担当者が顧客とのコミュニケーションを密に取っているかなど。

動画制作は工程が多く、一つの動画を作るにも大きなプロジェクトになります。
その難易度の高い制作をしっかりとやり切れる体制が整っているのかも確認しましょう。

アフターフォローがあるかどうか

納品をしてしまったら終わりというわけではありません。

動画制作を依頼した側からすれば、動画が完成してからがスタートです。
それを使ってウェブサイトに掲載したり、動画メディアに投稿したりしてPRをするなど、動画の運用が始まります。
そして、その動画のおかげで売り上げが上がるなどの目的が達成され始めて、ゴールを迎えることができます。

そこで、映像制作後も映像の利用状況や動画の反響を見て、
フィードバックをしてくれるなどのサポートもついている会社がより良い会社の選び方となります。

今回は動画制作会社の選び方を紹介しました。
これを参考に、後悔のない制作会社を選びましょう。

アスライトではネイティブ監修の英語字幕翻訳をはじめ
アルゴリズムなどのSEO対策やデータ分析、さらにはタイトル、サムネイルや
概要欄の書き方のアドバイスまであなたのYouTubeをトータルサポートいたします。
お申込みやお問合せは下記申込フォームからお気軽にどうぞ!
ご質問だけでもお気軽にお問合せください。

Follow me!

 

受給可能か無料診断してみる!

  1. 補助金・助成金の受給可能な金額を知ることができます。(年間1社平均300万円受給しています。)アスライトでは約1000万円受給しています。
  2. 返済不要の資金調達が可能です。(全てが雑収入になり、利益になる)
  3. 専門家に任せることで、自社の仕事に集中でき、申請から受給までトータルサポートします。(ほぼ丸投げが可能)
診断してみる!   公式ページ