モーショングラフィックスとは

0
26

自分で作ったロゴやイラストをアニメーションのように動かして、グラフィックに動きをつけることを「モーショングラフィックス」といいます。

近年では電車内のデジタルサイネージュやミュージックビデオ、Webなどで、モーショングラフィックスが使われた広告をよく目にします。
今回は、モーショングラフィックスとはどういったものなのか、自分で作るにはどんな知識が必要なのかについてご紹介していきます。

モーショングラフィックスとはロゴやイラスト、文字、図形、写真などに動きを加えて動画にしたもののことを言います。

例えば、テレビのCMの動きのある企業のロゴ、ミュージックビデオの音楽に合わせてテンポよく動く図形やイラスト、
動くインフォグラフィックスなど、モーショングラフィックスは世の中に多くあります。

モーショングラフィックスを使うことで文字を読まなくても、音と連動した気持ちのいい動きの図形やロゴ、
イラストでより具体的な情報を記憶に残すことができます。
近年WebやSNSに現れる広告では動画広告が多く、モーショングラフィックスが多く取り入れられています。

モーショングラフィックスを作るには

モーショングラフィックスの動画を見ていると複雑な動きが多く、高度な技術が求められるように見えます。
モーショングラフィックスを制作するには、どんな人が向いていて、どういったソフトが必要なのか。

どんな人がむいているのか

まずは、グラフィックデザインが好き、得意という人がおすすめです。
モーショングラフィックスは、その動きや効果もですが、モチーフであるグラフィックの形や色が引き出す魅力も大きいです。
モーショングラフィックスの制作は平面グラフィックスの制作スキルを活かせるので、その応用として取り組めます。
他にも、映像制作の制作をしている人や、3DCGのグラフィック作品を制作している人も始められると思います。

モーショングラフィックスを作るためのソフトは?

モーショングラフィックスを作るうえで最も主流なソフトはAfterEffectsです。
IllustratorやPhotoshopとの連携はもちろんのこと、3DCGのモーショングラフィックス制作に使うCINEMA4Dとの連携もスムーズです。

モーショングラフィックスを使った映像は、情報を早く分かりやすく伝えることができます。
さらに、音楽や効果音にリンクさせる動きは、視聴者の頭に残りやすいなど、今後の広告制作ではさらに取り入れられていくと思います。

今まで映像作品に触れてこなかった人も、モーショングラッフィクスから始めてみてはいかがでしょうか。

アスライトではネイティブ監修の英語字幕翻訳をはじめ
アルゴリズムなどのSEO対策やデータ分析、さらにはタイトル、サムネイルや
概要欄の書き方のアドバイスまであなたのYouTubeをトータルサポートいたします。
お申込みやお問合せは下記申込フォームからお気軽にどうぞ!
ご質問だけでもお気軽にお問合せください。