動画・映像クリエイターに必要なスキル③

0
28

前回は動画・映像クリエイターのやりがいについてご紹介しました。
今回は動画・映像クリエイターに必要なスキルについてご紹介します。

動画・映像クリエイターは、クライアントの要望・イメージを把握し、希望通りの映像を制作できるスキルが必要です。


スキルを学ぶ方法はたくさんあります。
専門学校で学ぶ、書籍・セミナー・Webなどを利用して独自に学ぶなど。

制作の動画・映像クリエイターに必要なスキル


制作は画像の制作全般にわたる仕事です。
制作のプロデューサーやディレクターには、以下のようなスキルが必要になります。

・プロデューサーは、映像制作の指示としての役割を果たします。
そのため、企画力・マネジメント・リーダーシップ・コミュニケーション・スケジュール管理・予算管理能力などの多くのスキルが必要です。

・ディレクターは、実際に映像の制作と演出を行うため、制作に必要な知識や経験が必要です。
そも他もいろいろと支持を出すため、コミュニケーションやリーダーシップも求められます。

技術の動画・映像クリエイターの必要なスキル

それぞれの職種ごとに、必要なスキルをまとめてみました。

・編集オペレーター
Adobepremiere、AfterEffectsなどの編集ソフトの操作ができること

・CGクリエイター
Maya、3dsMaxなどのCG制作ツールを操作できること

・カメラマン
写真撮影・編集のスキル高く、照明・構図・レイアウトなどの必要な知識を備えること

技術ではより専門的で高度なスキルを習得しておいた方が就職には有利です。
動画・映像クリエイターの仕事についていろいろ説明してきました。
これを参考に動画・映像クリエイターの仕事に少しでも興味を持っていただけたら幸いです。

アスライトではネイティブ監修の英語字幕翻訳をはじめ
アルゴリズムなどのSEO対策やデータ分析、さらにはタイトル、サムネイルや
概要欄の書き方のアドバイスまであなたのYouTubeをトータルサポートいたします。
お申込みやお問合せは下記申込フォームからお気軽にどうぞ!
ご質問だけでもお気軽にお問合せください。