動画・映像クリエイターとは①

0
35
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

動画・映像クリエイターとは映像制作に携わるすべての人たちのことです。
業界の中にもたくさんの種類があります。
今回は動画・映像クリエイターについてご紹介します。

動画・映像クリエイターの職種
職種は制作と技術に分けられています。

制作の業務内容は、映像の企画構成です。
制作では、企画力や管理などが大切になってきます。

・プロデューサー
制作全体のリーダーとなり、企画・スポンサーとの交渉・スケジュールや予算管理などを行います。
企画力・交渉力・マネジメント力が求められます。それに、業界での人脈の広さも必要です。

・アシスタントプロデューサー
プロデューサのアシスタントを行います。
プロデューサーになるにはアシスタントプロデューサーとして知識・経験・人脈・能力を養う必要があります。

・ディレクター
プロデューサの指示に従って、制作・演出をします。
再策にかかわる人たちに指示を出し、企画やコンセプトを元に映像を制作します。映像の制作・演出の知識や経験が必要です。

・アシスタントディレクター
ディレクターのアシスタントをおこないまうす。ディレクターになるにはアシスタントディレクターとして知識や経験を積む必要があります。
技術の業務内容は動画の編集や加工で、編集、CG、音声などと高度な技術が必要となります。

・編集オペレーター
ディレクターの指示通りに映像のカットやテロップの挿入などデジタルビデオエフェクトを使って、画像やイラスト、動画などを制作します。

・CGクリエイター
CGを使って、画像やイラスト、動画などを作成します。

・音声
音声にはナレーションやBGMなどの音を加えるMAミキサー、効果音をつける音響効果、撮影中の音声を録音する録音技術などがあります。

今回は動画・映像クリエイターの業界の種類を紹介しました。
次回はやりがいについてご紹介をしますので是非参考にしてみてください。

アスライトではネイティブ監修の英語字幕翻訳をはじめ
アルゴリズムなどのSEO対策やデータ分析、さらにはタイトル、サムネイルや
概要欄の書き方のアドバイスまであなたのYouTubeをトータルサポートいたします。
お申込みやお問合せは下記申込フォームからお気軽にどうぞ!
ご質問だけでもお気軽にお問合せください。