面白い動画広告を作るには?

0
364

今回は動画広告を面白くするコツを紹介していきます。

冒頭数秒で惹きつける

動画広告を視聴しているユーザーが興味を持ってくれそうな、インパクトのある内容を冒頭の数秒に入れるようにします。
動画広告を最後まで見てもらうためには、冒頭の数秒でユーザーが離れないようにしなければいけません。
そのため、ターゲットとするユーザーが関心を持ってくれそうなコンテンツやネタをリサーチして
冒頭の数秒で面白いと思ってもらえるような動画広告を作成しましょう。

オチやインパクトで視聴者を裏切る

オチやインパクトで視聴者をいい意味で裏切ることができれば、面白い動画広告だと思ってもらえるかもしれません。
予想できる内容やだらだらと商品を紹介するだけでは、ユーザーは飽きてしまいます。
面白い動画だと続きが気になってくれたりする人もいますし、さらに宣伝効果も高まるでしょう。

短時間で起承転結をつける

数分にも渡る動画広告で、商品やサービスの魅力を沢山伝えることをすれば動画広告を視聴しているユーザーは離脱してしまいます。
そのため、30秒などの短い時間で起承転結があって、わかりやすい内容の動画広告を作成することができれば、
ユーザーが離れにくく情報も伝わりやすい宣伝を行うことができます。

以上が面白い動画広告を作るコツです。
面白い動画広告を作成することができれば、印象に残りやすいだけではなく、拡散されることも多くなると思います。
なので、動画広告を作成する際はこちらを参考に面白く作成することを意識してみてください。

アスライトではネイティブ監修の英語字幕翻訳をはじめ
アルゴリズムなどのSEO対策やデータ分析、さらにはタイトル、サムネイルや
概要欄の書き方のアドバイスまであなたのYouTubeをトータルサポートいたします。
お申込みやお問合せは下記申込フォームからお気軽にどうぞ!
ご質問だけでもお気軽にお問合せください。