インストリーム広告は実際のところ効果はあるのか

0
108

ウェブサイト上では様々な動画広告が流れていますが、最近で多いのはインストリーム広告呼ばれる種類の動画広告です。
そこで今回はインストリーム広告を配信されることで期待される広告効果についてご紹介していきます。

インストリーム広告とは、YouTubeやニコニコ動画など動画サイトで再生される動画の中に配信されている動画広告のことです。

インストリーム広告の効果
インストリーム広告を作成し配信するとどんな効果があるのか。
5つのメリットがあります。

認知度が向上する

動画広告は、カタログなどの静止画による広告に比べて、広告認知度が1.6倍にもなります。
インストリーム広告はユーザーが動画サイトに行けば必ず目にするものです。
なのでPRしたい商品・サービスの認知度向上に確実に寄与します。

強制的に視聴させることができる

ほとんどのインストリーム広告は開始から5秒経てばスキップすることがでますが、最初の5秒は必ず視聴者の目に入ってしまい、
スキップできない動画広告は必ず最後まで流れてしまいます。
両方とも自動的に再生されるので、ユーザーは観たい動画を再生した時に強制的に広告を見ることになり、視聴者の頭に残ります。

バナー広告より目立つ

バナー広告は画面の隅の方に広告枠などがあり、小さく表示されています。
なのでなかなか人目に止まりづらいです。
ですが、インストリーム広告は動画の枠内に大きく表示されるのでバナー広告よりも目立ちます。
バナー広告などは静止画やGIFアニメーションなどで作られていますがインストリーム広告は動画として動きが付いているため、
インパクトが大きいです。

情報がわかりやすい

広告の内容を静止画ではなく動画にするだけで内容がすごくわかりやすいです。
例えば、使用手順があるよう商品の場合、静止画だとどの手順を説明するのは難しく伝わりにくいです。
ですが動画広告だと実際に使用している姿などを見せられるため再現することが可能になります。
そのため、ユーザーにとっても商品の魅力が伝わりやすくなります。
動画広告は静止画よりも多くの情報を詰め込むことができます。

購買行動につながる

動画広告は、その動画広告内でPRされた商品・サービスへの利用意欲度が、静止画広告よりも7倍にもなります。
これは、動画広告を見た視聴者が購買行動をとってくれる割合が非常に高いということです。
インストリーム広告は、視聴者が観ないの選択ができないため、目に留まりやすいインストリーム広告で視聴者を惹きつけることができれば、
商品・サービスの売り上げが向上します。

ここまでインストリーム広告の効果について紹介してきました。
インストリーム広告は視聴者が観たいと思った動画の枠内を使って強制的に視聴させることができる動画広告です。
なにか作業をしながら見るなどながら視聴にもなりにくいので、動画サイトを使ったインストリーム広告はこれからも数が増えていくと思います。

アスライトではネイティブ監修の英語字幕翻訳をはじめ
アルゴリズムなどのSEO対策やデータ分析、さらにはタイトル、サムネイルや
概要欄の書き方のアドバイスまであなたのYouTubeをトータルサポートいたします。
お申込みやお問合せは下記申込フォームからお気軽にどうぞ!
ご質問だけでもお気軽にお問合せください。