新しくYouTubeチャンネル始める際にやるべきこと3選

28
382
YouTube チャンネル 開設

もはや人々の生活と切り離せないほど浸透した「YouTube」。
数年前から「YouTuber」という言葉が一般的になったのをはじめ、音楽、学習、スポーツなど、多種多様なジャンルの動画が投稿されるようになりました。近年では多くの企業も自身のチャンネルを持つなど、ビジネスに利用しようとする動きも活発になってきました。

では、これから長いスパンでYouTubeを始めて行こうと考えている個人・企業が、チャンネルを開設するときに気を付けるべき点とはどのようなことなのでしょうか?

①チャンネル競合のサーチ

YouTubeには、すでに多くの個人・企業が参入しており、人気のチャンネルはすでにYouTubeの視聴者の多くを惹きつけています。

こうした人気チャンネルの中でも、自身が扱う題材をテーマにしているチャンネルを参考にして、自身のチャンネルのイメージを膨らますのはとても大事な作業となります。

一方で、人気チャンネルとほとんど同じ動画を作ってしまうと、このチャンネルの視聴者を奪う必要が出てきてしまいます。
その場合、新しくチャンネルを開設する方は、知名度的にも不利といえ、動画も経験値の差から、劣化版となりやすい傾向があります。

そのため、人気チャンネルは参考にしつつ、できるだけ類似のチャンネルにならないように、新たな切り口から動画を発信するチャンネルづくりを考える必要があります。

②ユーザーの設定とチャンネルの設計

チャンネルの競合を考えると同時に、考えなければいけないのは、利用するユーザーがどのような特徴を持っているかということです。

例えばWebサイトを製作するときには、まずはじめに「ユーザーは誰で、その人がどのように利用するのか?」ということを考えなければなりません。性別や年齢、その他趣味嗜好などで、ユーザーが好むデザインは大きく違うからです。
そして、それをもとに、「扱うコンテンツをどう見せるか?」「どのような経路でサイトにたどり着いてもらうか?」ということを考えまっす。

この点についてはYouTubeチャンネルも同様です。「誰がいつ、どのように視聴するのか?」についてまず考えなければいけません。

この点を決定するだけでも、動画作りの方向性が定まります。好まれる動画の種類はターゲットの層によって違うからです。
その上で、「何をどのように見せるのか?」「どのようにその動画を見つけてもらうか?」ということを考えていきます。

これらを考えることで、制作する動画の方向性が明確になり、視聴者が混乱することがありません。また、動画にどのような効果を期待するか、ということを明確にできます。

①と合わせて考えることで、具体的なチャンネルの方向性が決まるのではないでしょうか。

③チャンネルの運用・改善(YouTubeアナリティクス)

①、②で決定したチャンネルや動画の設計が誤っていた場合、同じ方向性の動画を上げ続けても、その効果はあまり期待できません。
そのため、YouTubeチャンネルを安定して運用する場合、常に動画やその題材、構成、演出方法などの改善が必要になってきます。

自身のチャンネルの動画に対して、ユーザーがどのような反応を示したかということは、動画の視聴データがまとめられた「YouTubeアナリティクス」で確認することができます。

この「YouTubeアナリティクス」のデータを分析することによって、自身の動画をどのような層の視聴者が見ているか、どのような端末で見ているか、どのような経路で動画にたどり着いたか、どれくらい視聴されたか、どこで視聴を止められているか、相対的にどれくらい評価されているか、など、多くのことを知ることができます。これらのデータを1つ1つ分析し、仮説を立てて改善案を考え、次回以降の動画でその改善に取り組むということを繰り返し、視聴者が求めている動画に近づけるようにするのです。

アナリティクスはどう見たらいい?YouTubeの改善に役立つデータの使い方4選

いかがでしたでしょうか?

YouTubeに参入する際は、まずチャンネルをどのように作るか、そして、そのチャンネルをどのように改善するかということを考える必要があります。

自身の中から出てくるアイデアでチャンネルを作っていくことも重要ですが、競合や視聴者が求めているものを考慮することで、効果的に視聴者に動画を届けることができるのではないでしょうか?

28 コメント

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here