持続化給付金と家賃支援給付金、申請期限を2月15日まで延長=経産省

57
795

経済産業省から1月15日に新型コロナウイルス感染症対策として実施している

持続化給付金と家賃支援給付金の申請書類提出期限を2月15日まで延長すると発表しました。

持続化給付金の場合、当初の申請期限は1月15日だったが、申請期限に間に合わない特段の事情がある場合、                1月31日まで受け付けを行うとしていました。

今回、これを2月15日まで延長する。売上対象⽉が昨年12⽉など、延長対象となる場合の条件がある。                  延長を希望する場合、1月31日までに申し込む必要があります。

家賃支援給付金も、申請に間に合わない特段の理由が生じた場合、2月15日まで申請受け付けを延長可能です。

弊社アスライトでは、
持続化給付金や家賃支援給付金の他にも補助金・助成金申請のサポートをさせて頂いております。
ご興味ありましたら、
以下のフォームより受給可能か無料診断をお試しくださいませ。

持続化給付金や家賃支援給付金の申請に関しては下記よりお問い合わせ下さい。

57 コメント

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here